遊びやバイトに明け暮れていた自分が「就職する会社はここかもしれない!」と、初めて思えたんです。

松村 俊輔さん 松村 俊輔さん

東京本社営業2部ファッション業界サービスグループ

松村 俊輔さん

エキスパート/ファッション業界経験から人材ビジネスコースへ

現在の業務:ファッション業界の派遣スタッフ様の採用とフォロー、クライアント様への営業

将来のことに真剣になれなかった大学時代。今が楽しければいいと考えていました。

大学時代はとにかく車とファッションがとにかく好き。それ以外のことは無関心。今が楽しければそれでいいと、遊びやバイトに明け暮れていました。だから大学4年生の秋になっても、なかなか将来のことに真剣になれなくて。今までも何とかなったし、これからだって何とかなるかなって、高をくくっていたんです。今思えば、本当にどうしようもなかったなって思います。(笑)

ライクスタッフィングと出会い「自分が就職する会社はここかもしれない!」と初めて思えた。

そんな中、大学のキャリアセンターの方に、もういい加減にしっかり将来のことを決めなさいと、半ば強引に参加をさせられた説明会で、ライクスタッフィングに出会ったんです。
今でも鮮明に覚えているのが、採用担当の方が「ファッション」という言葉を口にされたこと。もちろん他の話もたくさん話されていたんですが。(笑)自分にはその一つのワードが耳に入った瞬間に、本当に単純なんですけど、「自分が就職する会社はここかもしれない!」と、初めて思えたんです。

仕事を覚えていくうちにもっと成長したいと思える自分に気づいた。

幼いころから人見知りで、初対面の人と話すときには無言になってしまい、おまけにしかめっ面になるくせがありました。(笑)ファッションが好きだからという理由だけで入社を決めたけれど、いざ始めれば、当たり前に「接客」の仕事。最初はなかなかお客様に話しかけることができずに本当に苦労しました。

でもどんな理由であろうと、自分が一度やると決めた仕事だから。そう思って、とにかく必死に勉強しました。同じ店舗の方は、本当にいい人で。何もできない私に付きっきりで、服のこと、素材のこと、接客のこと、全部教えてもらったんです。だから、もっともっと頑張ろうって思えました。

入社した当時は、ファッションに携われたらそれでいいって思ってたんです。でも、仕事を覚えていくうちに、もっと成長したいという思いがふつふつと湧き上がってきて。だから、私を担当してくれていた社員にはいつも、「人材ビジネスコース」である、社内勤務をして人材ビジネスがしたいと言い続けていました。そんな積極的な自分は、大学時代では想像がつかないんですが。(笑)

そして、「人材ビジネスコース」へ。

念願かなって、「人材ビジネスコース」へ。部長と面談をして、ぜひ社内で営業をやってほしいと言われたときは、できるかもちろん不安でしたが、本当に嬉しかったですね。
現在は、大好きなファッションの仕事を求職者様にご紹介したり、就業いただいた方のフォローを担当しています。たった3年でこんなに成長をしたのかと、大学時代の友達からは、いつも驚かれます。(笑)これからもスタッフ様に寄り添って「ライクスタッフィングを選んでよかった」と思っていただけるように、日々成長していきます!

エキスパート職で働きたい方へ

エキスパート職募集要項はこちらから エキスパート職エントリーはこちらから

ご相談受付中!

右のQRコードよりお友だち登録のうえ、お問い合わせください。
会社見学会や面接の日程調整、ご質問などお気軽にメッセージをお送りください!

でのご相談も
受け付けています

会社見学会や面接の日程調整、ご質問など
お気軽にメッセージをお送りください!

友だち追加

先輩社員インタビュー先輩社員インタビュー

アパレル業界経験
松村 俊輔さん
遊びやバイトに明け暮れていた自分が「就職する会社はここかもしれない!」と、初めて思えたんです。
モバイル
(携帯ショップ)経験
上地 恭平さん
絶対できないって思ってた仕事も、気が付けば楽しく。店長から「うちになくてはならない存在だよ」と言っていただけるまでに
介護施設経験
白木 青羅さん
「誰かのために力になりたい」人材業界を視野に介護施設に配属。現場の経験をへて人材ビジネスコースへ。
モバイル
(家電量販店)経験
福井 桃子さん
人としゃべることが苦手だった自分。一歩踏み出してみたら驚くほど成長できた。

share