人生のどの段階においてもなくてはならない企業グループへ

だって、ひとが好きだから。
私たちライクグループは、持続可能な未来を創造します。

 ライクグループは、1993年の創業以来、「...planning the Future 〜人を活かし、未来を創造する〜」を理念に掲げ、 病院・企業等が設置される事業所内保育施設・認可保育園・学童クラブ等を380ヶ所運営する子育て支援サービスを営む『ライクキッズ』・『ライクアカデミー』、保育・介護業界はもちろんのこと、通信業界、製造・物流業界、建設業界といった社会生活になくてはならない業界に対する就業人口の増加と、経営環境の変化により人員削減を余儀なくされている業界に対する雇用の創出を推進する総合人材サービス事業を営む『ライクスタッフィング』・『ライクワークス』、入居者数が約1,400名の有料老人ホーム等を20ヶ所以上運営する介護関連サービスを営む『ライクケア』、これらの「保育」・「人材」・「介護」分野における事業会社を中核に、世代・国籍・経歴を問わず、“人”を軸に事業を展開し、そのいずれの分野でも業界トップクラスの成長を遂げてまいりました。

 少子高齢化が加速する日本において、待機児童の解消・女性活躍の推進・労働人口の増加・介護離職の解消・介護需要への対応といった社会課題は山積しており、私たちは事業を通して、その解決に尽力しております。さらに、世の中が激変する中、グループの全ての事業が生活インフラとして再認識されたことで、必要とされている既存サービスを継続・拡大することはもちろんのこと、新たな需要も生まれていることから、その両方を解決することができる私たちの社会的役割はより一層大きくなっております。

 私たちに求められている社会的な役割を果たすためには、多様な人材が活躍できる社会の実現が不可欠となりますが、携帯電話販売代理店、保育・介護施設の運営事業者として、人材サービスを利用する側の視点やノウハウも活かし、求職者様と企業様双方のニーズを正確に把握することで、求職者様には必要な研修や就業フォローを、企業様には多様な人材が活躍できる体制のコンサルティングをご提供させていただいており、事業規模を拡大することで、社会に対し、真のダイバーシティを推進してまいります。

 また、私たちが事業を拡大するためには、デジタル技術の活用が必要であると考えております。保育・人材・介護の全ての事業において、既存業務のデジタルへの置き換えだけでなく、社会的な需要と掛け合わせることで、新たな事業・サービスを創造してまいります。

 このように、私たちが社会課題を解決し続けるためには、持続的な未来を創造することが前提であるため、環境問題にも取り組んでおります。2050年までに事業活動で消費する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目標に掲げた他、保育・人材・介護と、全ての世代に対しサービスを提供している私たちだからこそ、事業活動を通し、今を生きる「人」の力を合わせて、環境保全に取り組んでいきたいと考えております。

 時代や社会のニーズに沿って、常に、事業を通して、社会課題の解決に向き合い、新たなサービスを創出してきた私たちを、これからもぜひご支援ください。

ライク株式会社
代表取締役社長兼グループCEO
岡本 泰彦