グループ全員が心がけるべき行動の指針

ライクグループは、「…planning the Future~人を活かし、未来を創造する~」をグループ理念に、ゆりかごからハッピーエンディングまで、人生のどの段階においてもなくてはならない企業グループを目指し、人材、保育、介護、と事業を拡大してまいりました。

子育て支援サービス事業では、330ヶ所以上の認可保育園・学童クラブ等の運営と企業主導型をはじめとする事業所内保育の受託運営による待機児童問題の解消、総合人材サービス事業では、販売員が不足するモバイル・アパレル等のサービス業界、インターネット販売の普及等に伴い需要が逼迫しているコールセンターや物流、保育士・介護士の不⾜が社会問題化している保育・介護業界を中心に多様な人々の「働く」を支援することによる就業人口の増加と働き方改革の推進、介護関連サービス事業では、24時間365日看護師が常駐する看取り介護により介護離職問題の解消、といった社会的な課題の解決に、「ひと」を軸としながら取り組んでおります。

グループの社員数も6,000名超と急激に増加する中、ライクは何を目指して事業を展開しているのか、今までは、ただ語り継がれていたものを明文化することにより、グループ全員がより理解を深め、行動を起こし、更なる成長をしていくための指針となる「ライクイズム」の作成に至りました。
ライクグループでは、世代、国籍、経歴を問わず、販売職、保育・介護職、事務職、軽作業といったあらゆる職種、あらゆる業界、時短・週3日勤務等のあらゆる働き方で、様々な人が働いており、まさに「十人十色」を体現した企業グループであります。

ライクイズムは5つありますので十色のカードを用意しました。吹き出しのついた真っ白なカバーで、ひとりひとりが、その時々で、大切にしたい言葉、目標とする言葉、気分を高めてくれる色でもいいので、カードを選び、いつも傍に置いて、やがて自分の言葉になるように。 そんな想いで作りましたので、ライクグループの社員に会われましたら、ぜひご覧ください。

※タップで拡大