ライクケアネクストは介護、人材、保育のライクグループ(東証第一部)です。
コーポレートサイトへ
0120-15-1473
仕事もプライベートも100パーセントで頑張りたい。
仕事もプライベートも100パーセントで頑張りたい。

仕事をするうえで心がけていること

仕事をする上で心がけていることは、ゴールを明確にすること、3つの満足を意識することです。
ゴールを明確にする事で、ぶれずに最短距離で業務を進められるよう心がけています。
また、3つの満足については、何かを検討する際「施設職員のためになるものか」を最初に考えるように気をつけています。その上で、その結論は、「3つの満足のバランスが良いか」を意識しています。
3つの満足のバランスが良い状態とは、「ご入居者の満足」、「職員の満足」、「会社の満足」の3つ満足が、偏りなく平均が取れている状態とライクケアネクストでは考えています。これは、職員から生み出されるサービスが高品質であれば、ご入居者が満足し、利益が上がり会社が潤うことで、職員の待遇(給与・技術・ノウハウ・職場環境など)が改善されるという、好循環のスタートでありゴールでもあるのが施設職員という考えがあるからです。

清水 昭夫

今までで最も心に残っていること

2013年にライクのグループ会社になることが決定した瞬間です。それまでの上司は社外の方だった為、メールの挨拶は「お世話になっております」でした。それを「お疲れ様です」と記載した時はうれしかったです。今のこの環境があるのは、ライクグループの一員になったからだと思っています。

今後の目標

重大事故をゼロにすることです。私は、現在重大事故の再発防止を担当しています。重大事故とは、人違いの誤薬、介助中の転倒、離設等、会社や職員が起因する、リスクの高い事故と位置づけています。重大事故が起こった場合、ご入居者様は苦しい思いをしてしまいますし、ご家族様にも悲しい思いをさせてしまいます。また、当事者となった職員も罪悪感で押しつぶされそうになると思います。誰一人として、そのような思いをしないために、重大事故の原因を分析し再発防止策を全職員へお知らせし、実行することで、事故ゼロの状態を続ける事を目指しています。

清水 昭夫