本社営業部 マネージャー / 2012年入社 片山 はるか

本社営業部 マネージャー / 2012年入社

片山 はるか

仕事をする上で心がけていること

現場を知り、その声を届けるということです。
保育事業は現場の職員の頑張りなくしては成り立たない事業です。新規開設の担当として施設で日々過ごすお子様、勤務している職員にとって安全で快適な園作りを行うためには、現場の状況を反映していくことがとても大切です。工事や設計に現場の声を届け、より良い施設作りを目指したいと思います。


今までで最も印象に残っていること

施設が開かれた際の地域の方との関わりが印象に残っております。
ある新園が完成し地域の方にも開放させて頂いた際、通りがかったご高齢の女性にお声かけを致しました。施設を見学頂くとこわばった表情がほぐれ、「とても可愛くて楽しかった、また来たい」と喜んで頂きました。保育園という施設が地域の方にとっても心安らぐ場になると実感でき、とても嬉しかったです。


今後の目標

新規開設担当として、地域や多世代との交流がより図れる仕組みをハード面から作っていきたいと思います。地域や保護者以外の世代との関わりが不足していることにより、地域全体が孤立化してしまうことが社会としても大きな課題となっていると感じます。保育園という施設の付加価値を高め、地域全体が住みやすい環境を生み出せるようにできたらと思います。


インタビュー