like スタッフエピソードlike スタッフエピソード


チームでの仕事が楽しい。
1人じゃない、みんなで。
仲間がいるから頑張れる。

携帯ショップ勤務
上條さん20代・女性

  • 前職では飲食店などを経験、未経験から携帯販売へチャレンジ
  • 接客では失敗を活かして、まずはお客様の話をすべて聞く。そして専門用語は使わない
  • この仕事のやりがいは、一人で頑張るだけじゃない。お店の仲間と頑張れること

仕事経験は飲食店や受付など。
未経験から携帯販売へ

携帯販売の仕事は、全くの未経験でした。それまでは、飲食店や運送会社の電話受付など、全然違う仕事をしていたので。
仕事を探していた時、職種問わず探していて事務とかも見ていました。携帯販売の仕事は、たまたま求人サイトを見て知りました。もちろん時給が高かった点も魅力的でしたが、単純に仕事内容にも興味があって。やってみたいなと思って応募したことがきっかけです。
派遣会社はライクだけではなく、他にも3社程登録に行きました。その中でライクを選んだ理由は、登録会で担当者の方の対応が良かったので。業務的な部分からお仕事開始までの流れまで、細かく説明してくれたことが印象的でした。携帯販売は初めてだったので少し不安もあったのですが、安心感があったのを覚えています。

%e7%99%bb%e9%8c%b2%e4%bc%9a

最初は、私の中で携帯販売=家電量販店のイメージがあったんです。すごい「売りにいくぞ!」ってイメージ(笑)。
でも、実際に紹介された仕事は携帯ショップだったので少しイメージと違って。普通にカウンターに座って対応するという仕事でした。
登録の時にも言われたのですが、知識として覚える事がとても多くて、研修もたくさん行きました。機種の種類、料金プランについてなど、いろんな研修があって。座学の研修以外に、ロープレも繰り返したくさんやります。こんなに研修するんだってびっくりしました。でも、実はロープレ苦手なんですよ。嫌々ながらやってたことが懐かしいです(笑)。

45054

すごい簡単で、些細なことで、
「ありがとう!」
と喜んでもらえる仕事。
笑顔で「ありがとう」と言われたら、
やっぱり嬉しい。

今のお店は地域柄もあって、ご高齢の方が多く、よく携帯の操作方法が分からない方が来店されます。私たちからすると、すごい簡単で些細な内容ですが、操作方法をご案内すると「ありがとう!」って、とても喜んで頂けます。
こんな小さなことで、こんなに喜んでもらえるんだって思いました。やっぱり「ありがとう」って笑顔で言われたら、嬉しいですね。
親身になって対応すると、「これも分からないんだけど~」ってまた来てもらえます(笑)。お客様は「あっ。この前のお姉さんだ」みたいな感じで、結構顔も覚えてくれています。

%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

失敗を生かして。
まずはお客様の話を全部聞く。
そして専門用語は使わない。
常にお客様の立場で。

クレームというか、まだ研修バッジを付けていた新人時代に、お客様に言われたことを「これだ!」と勝手に思い込んで、勘違いしてしまった。
「これはこうですよね?」って言ったら、「違うんだよ。全然わかってないなぁ。ちゃんとわかる人連れてきてよ」って言われました。
その時はちょっと悔しかったけど、今はその経験を活かして、お客様の話をまずは全部聞くことを心掛けています。途中で遮って、勝手に思い込んで案内してしまうと間違ってしまうので、言いたいことを全部聞いてから対応しています。

44946

あと、専門用語はなるべく使わずに案内しています。こちらは聞き慣れているので、つい出てしまうんですが、お客様にはわからないことも多いので。「そもそもアンドロイドって何?」「アンドロイドとアイフォンって何が違うの?」とか。あとは「OSって何?」みたいな(笑)。難しい専門用語を覚えるより、操作方法がわかって、ストレスなくスムーズに使えたら、お客様にとっては問題がないので。なので専門用語は、噛み砕いてわかりやすい言葉でご案内するように気を付けています。

%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

チームでの仕事が楽しい。
一人じゃない。みんなで。
接客に疲れることもあるけど、
仲間がいるから頑張れる。

「なんか接客に疲れたなぁ」と思う瞬間はたまにあります(笑)。でも、なんだかんだ楽しいんです。周りのスタッフと声をかけ合いながら仕事できているからですかね。
前までカウンターに座ってご案内をしていましたが、最近はフロアに立って、タブレットとか光サービスとかをメインに訴求しています。そこで契約が決まると「やった!」ってなります。その時は、周りのスタッフが「やるじゃん!」って褒めてくれたりするので嬉しいです。
私のお店は、少人数でチーム制をとっているのですが、同じチームのスタッフや先輩などに「上條さんなら獲れる!」って言って頂けるんです。単純ですが、そう言ってもらえると「このチームになったからには私が獲らないと!」という気持になれます。私が結果を出さないと、他のチームに「タブレット契約獲れてないから頑張ってとってね!」って言えないですからね。それを言うために頑張って獲ってるっていう感じもあります(笑)。

919a13629000c6b096a41a3eff82d15d_t

店舗内での声掛けは結構していますね。チームで仕事しているって感じです。
お店の一体感は全員で作っています。「みんなで協力しよう!」っていう雰囲気があります。お店のスタッフは性格も人それぞれなので、なかには新人さんで自分から積極的にいけない内気な人もいます。でも、割と周りのスタッフが積極的に話しかけてご飯や飲み会に誘ったり。お店全体で雰囲気作りはしています。

45004

この仕事の魅力は、
お店がチームとして頑張れること。

一人で頑張るよりも、お店やチームみんなで頑張るから、そこが楽しくてやりがいに繋がっています。一人じゃないんだって。

事務職とかは、一人でコツコツやるじゃないですか。携帯販売の契約も基本的に一人でやる作業ですが、契約をすることで、結果みんなのためになりますからね。携帯販売はおすすめできる仕事です。

自分が頑張らないと、周りの人も頑張らないですからね。結構後輩も増えてきたので、その手本になれるよう意識しています。やる気を見せないと、下の子もダラダラしちゃうので。
長く仕事していると、それなりに仕事していればいいやって気持ちの人もいますよね。でもチームが頑張っているのに、自分だけは頑張らないっていうのはダメだと思います。
私は「みんなで頑張ろうよ。」っていう気持ちが強いですね。

%e6%89%8b%e5%90%88%e3%81%9b%e3%81%a6%e3%82%8b

後輩の成長が嬉しい。
今後は後輩を教育出来る立場に。

自分より後に入ってきた子に、最近タブレット契約のコツを教えてあげたら、「タブレット契約獲れました!2個もとれました!」って言ってくれました。もはや今は抜かされています(笑)。テクニックとられてしまったと思いますが、報告してきてくれていると嬉しいですね。

私も昔先輩に「教えてもらったように説明したら獲れました!」って報告したら「すごいじゃん、やるじゃん!」って言ってもらえて嬉しかったので(笑)。 私も後輩が報告してきてくれた時は、同じように褒めています。褒められるとやる気も出ますしね。
後輩もやる気があって、結構インカムで声かけてくれるんですよ。「今日は何件しか獲れてないので、頑張りましょう!」って全体に声を掛けてくれます。下の子からそういう風に言われると、私も頑張ろうって思えます。

45129

もちろんダメな時は、後輩に注意もします。でも後輩には甘いと言うか、正直あんまり怒れなくて(笑)。「(優しい口調で)これダメだよ。上の人に怒られちゃうからダメだよ。」って言っています。怒るのも難しいです。本人のモチベーションが下がってしまうのは嫌なんですよね。
モチベーションを下げずに、どう注意していくか難しいですが、怒った後はなるべくフォローに入るようにしています。人によっては、きつい言い方でとにかく怒る人もいますけど。「大丈夫、大丈夫。一緒に頑張ろう」って私は言うようにしています。性格も違うし、得意分野があれば苦手分野もありますからね。

(今後の目標は)チーフとかになって、教育する側になりたいです。新人の子たちに自分が教えてもらったことを教えてあげたい。下の子の頑張りだったり、後輩が成長すると私も嬉しいので。

45115

ライクグループの紹介

人材サービス

携帯電話販売代理店、保育・介護施設の運営事業者として培われた業界知識やノウハウをもとに、求職者様の”働きたい”を引き出し、「独自の研修制度や就業後のフォロー体制」で幅広くサポートします。

保育サービス

創立以来20年以上の実績がある、企業・病院・大学内に設置された事業所内保育、認可保育園や学童クラブ等、ライクアカデミーの働き方は、たくさんあります。子ども一人ひとりの個性を尊重し、保護者や地域の皆さまとのふれあいを大切にする、そんなあたたかい施設運営を心掛けています。

介護サービス

日本の介護業界で働く方々の生活と地位の向上を目指し、従業員の成長と待遇改善に注力しております。
多様なライフスタイルを尊重しているため、10代から70代の方まで幅広い年齢の方に、週5日以外の勤務や時短勤務といった多様な働き方を実現しています。